LogisticaTRUCKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算DB・アプリケーションサーバAPI Ver3.0

距離計算サーバAPI

このページのIndex

LogisticaTRUCKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算DB・アプリケーションサーバ APIの詳しい機能・サンプル画面についてはカタログ(PDF)をご覧ください。 製品カタログ

LogisticaTRUCKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算DBサーバの特長

LogisticaTRUCKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算DBサーバの特長について4項目にまとめました。

特長概要
(1)Microsoft SQLServer上に距離計算DBサーバを構築しますMicosoftSQLServer2017/2016/2014/2012をベースに、距離計算DBサーバを構築します。
距離計算DBサーバは、住所基本DB(JIS市区町村一般郵便番号・個別事業所郵便番号)・PowerAtlas全国デジタル道路地図(住友電工システムソリューション㈱製PowerAtlas使用)・街区位置DB・距離計算・位置検索DBより構成されます。
距離計算アプリケーションサーバは、2017年版全国デジタル道路地図をベースにJIS市区町村コード・郵便番号・住所文字列地点間の距離を計算します。
(2)市区町村・郵便番号住所データの自動更新住所データは出荷時点での最新の市区町村・郵便番号情報が導入されます。
その後の更新データは距離計算サーバ側で自動で更新します。
導入2年目以降継続利用は有償となります。住所文字列の検索位置精度は番地・号数レベルです。
(3)LogisticaTRUCKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算クライアントアプリケ-ションクライアントPC側に、クライアントアプリケーションとして、クライアント基本地図を導入することにより、クライアント/サーバ形式で距離計算機能が利用できます。
(4)LogisticaTRUCKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算サーバ APIMicorsoftのVisualStudioで作成したアプリケーションについては、距離計算.NET DLL T-SQL距離計算ストアドプロシージャ、を利用して、距離計算機能を組み込めます。
それ以外の言語で作成するアプリケーションには、ソケット通信を利用して、距離計算機能を組み込めます。
距離計算ソケット通信により、Windows UNIX LinuxのあらゆるOSまたは、OS上のあらゆる言語で距離計算機能が実装できます。

LogisticaTRUCKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算DBサーバの動作環境

LogisticaTRUCKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算DBサーバの動作環境は下記の通りです。

必須案件準備するソフトウェア製品
(1)サーバOSMicrosoft WindowsServer2016/2012R2/2012
(2)サーバDBMicrosoftSQLServer2017/2016/2014/2012
(3)動作確認・機能確認ご希望の方には試用版CDの無料貸出をします。
購入前に事前にPCでインストールして動作・機能確認できます。そのほかの動作環境はインスト-ルCDより導入時に自動的に設定します。

LogisticaTRUCKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算DBサーバ・クライアントのシステム構成図

システム構成図

システム構成図

LogisticaTRUCKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算クライアントアプリケーション・動作環境

クライアントアプリケーションとして以下を提供します。

クライアントアプリケーション名機能動作環境
LogistcaTRUCKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算クライアント基本地図基本距離計算とルート地図表示機能Windows10/8.1/7 IE(インターネットクスプローラ)11必須

LogistcaTRUCKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算クライアント基本地図 サンプル画面

サンプル画面

(1)起終経由点距離

起点・終点・経由点から距離計算をします。

計算結果ルートを基本地図に表示します。

(2)起点一括距離

拠点(起点)から全国の市区町までのキロ程表を作成します。計算結果はExcelファイルに出力できます。

(3)スプレッド距離

Excel2016などのExcelシート・CSVデータを取り込んで距離計算をします。

LogisticaTRUCKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算DBサーバAPI一覧

MicorsoftのVisualStudioで作成したアプリケーションについては、距離計算.NET DLL Active-Xコントロール/DLLを利用して、距離計算機能を組み込めます。それ以外の言語で作成するアプリケーションには、ソケット通信を利用して、距離計算機能を組み込めます。

LogisticaTRUCKServer-Ⅰ距離計算サーバAPI一覧
API 分類ⅠAPI 分類Ⅱ利用プログラム言語参照サンプルプログラム(PDF)
.NET DLLWindowsFormVisualBasicWinForm2点距離計算WinForm2点距離計算
C#WinForm経由計算 WinForm経由計算

WebForms

ASP.NET

VisualBasicASP.NETASP.NET
C#
ソケット通信 Java Java・PHPほかSocketソケット通信
Perl
C#
VisualBasic
PHP
COBOLほかの言語
ストアドプロシージャ T-SQL T-SQL 距離計算ストアドプロシージャ T-SQLT-SQL 距離計算ストアドプロシージャ

LogisticaTRUCKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算DBサーバ・API・クライアント構成と価格

価格体系

価格体系

製品の組み合わせ

【A】LogisticaTRUKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算DB・アプリケーションサーバは必須です。
そのほかは用途に応じて、【B】LogisticaTRUKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算サーバAPI、 【C-1】を組み合わせてご利用いただきます。
製品群【A】には、LogisticaTRUCKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算クライアント基本の1クライアントが含まれます。
製品群【B】LogisticaTRUKServer-Ⅱ(SQLServer版)距離計算サーバAPIを利用するには、製品群【A】は必須です。

年間データ更新料

住友電工フィールドシステムズ㈱提供PowerAtlas全国デジタル道路地図 各年度版を含みます。
導入後、2年目以降、全国道路地図・データ更新料 年間\108,000です。
2年目以降、郵便番号・JIS市区町村コードのみのデータ更新料 年間\64,800です。

動作環境・価格体系・製品カタログ・ソフトの機能評価

動作環境

必須案件準備するソフトウェア製品
サーバOSMicrosoftWindowsServe2016
MicrosoftWindowsServe2012R2
WindowsServe2012
DBサーバMicrosoft SQLServer2017
Microsoft SQLServer2016
Microsoft SQLServer2014
Microsoft SQLServer2012
(動作確認用にSQLServer2012Expressを同梱)

価格体系・製品カタログ

価格体系価格体系
システム構成図システム構成図
APIの利用例APIの利用例
システム構成図・詳しい機能・画面サンプル・動作環境・価格体系製品カタログ
年間データ更新申込年間データ更新申込

試用版CD無料貸出

このソフトの機能評価は無料で事前に確認できます。試用版CD無料貸出をご希望の方はメールから試用版CD申込   PDFに記入FAX・メールで送信

試用版CD Web申込

株式会社はるかシステム研究所

〒344-0041 埼玉県春日部市増富437-7
電話 048-763-8165
FAX 048-763-1828
メール  info@harukasystem.co.jp

>