運送業サポーターズ

システム機能構成

一気通貫

受注→配車→運行指示書自動作成→荷主請求→傭車先支払を一気通貫に処理します。

受注配車運行指示書自動作成
荷主請求傭車先支払

構成機能

受注

運行指示書自動作成

安全管理上必須の運行指示書を1クリックで自動作成します。超入門(1)PDFで確認 動画で確認

配車

請求・傭車先支払

受注段階で一度入力した注文はそのまま請求・支払書になります超入門(2)PDFで確認 動画で確認

配車

定期便

曜日別にスケジュール指定した定期便は一括で注文を自動作成超入門(3)PDFで確認

運送現場の問題

運送現場の問題でお悩みではありませんか

  

「Logistica運送業サポーターズ」はわかりやすいシンプルなシステムで、 運送業者の根幹業務をサポートします。

  

「Logistica運送業サポーターズ」は、請求書を作成するために一日が済んだ消化試合の配車表ではなく、今現在の配車状況を常時パソコン画面に表示して、配車係・営業・事務員で情報を共有します。配車表では、車両の稼働状況は時間帯ごとに赤色(実車移動)、淡青色(遊休)と色分け表示します。

  

突発的な注文でも、積時刻に積地へ急行する空車があるか、最寄に空車移動中の車両がないか、Webサーバ上の全国貨物 > 自動車営業キロ図」より移動距離・所要時間を瞬時に算出して、検索します。車両の稼働率は見違えるほど向上します。

  

利益の一部をプールして作業負荷に応じた歩合給を、歩合給の評価基準ポイントから計算できます。

システムの特長

配車表・点呼表・運行予定の自動生成

  

配車表はパソコン画面に今現在の各車両の最新の稼動状況を表示できます。黒板・ホワイトボードの「配車盤」を紙に転記して「配車表」帳簿として保存する手間がなくなります。面倒な点呼表・運行予定も1クリックで作成できます。PDF

車番割付

  

積地・積予定日時・降地・降予定日時を入力するだけで、出庫日時・帰庫日時をWebサーバ上で瞬時に計算します。車庫に空車があるか、近くの空車地から空車を走らせて間に合うか、などもWebサーバ上で瞬時に計算できます。土地勘のない新米の配車係でもすぐに熟練者の域に達します。 面倒な点呼表・運行指示書も1クリックで作成できます。PDF

注文更新

  

「Logistica運送業サポーターズ」を使うと、乗務員へ作業指示をメール、荷主へ車番連絡・空車連絡のメールが出せます。 その結果、荷主からの信頼は増します。PDF

データベース検索

  

配車表は運送会社の情報のエッセンスです。 ここに運送会社のすべてが記録されています。配車データベース化により、車両別・乗務員別・荷主別の実績が常時把握できます。PDF

歩合給の評価基準ポイン計算

  

「利益の獲得」と「歩合給の評価基準」を連動させて「乗務員のやる気」を維持します。PDF

請求・傭車先支払

  

受注段階で一度入力した注文はそのまま請求・支払書に。1注文に請求・傭車先支払を同時入力して、月別の総売上、傭車先支払合計、粗利を表示します。PDF

運行指示書自動作成

  

行き・帰りの積・降地の予定日時など注文内容に基づき運行指示書をワンクリックで自動作成します。最寄の道の駅・PA・SAを、4時間ごとの休憩場所、一日の休息場所とします。PDF

定期便取込

  

曜日別にスケジュール指定した定期便は、定期便取込より、一括で注文は 自動入力されます。PDF

価格体系・システム構成図

価格体系

  
(A) 基本料金(初期費用)

(A-1)基本料金(初期費用) スタンドアロン(端末1台)「システム機能構成・組み合わせ」で価格が決まります。

  
システム機能構成・組み合わせ(○は使用、―は未使用)
受注・配車運行指示書自動作成請求・傭車先支払税抜価格(万円)
18
18
28
(A-2)基本料金(初期費用) クライアント・サーバ(端末複数台)

(A-1)基本料金にプラスして WindowsServer2012R2(サーバOS)+ SQLServer2012(サーバDB)が導入時の時価で必要です。(詳しくはお問い合わせください)

(B)月額使用料金

端末PC1台目は 1万円(税抜価格)
2台目以降 は1台あたり5,000円(税抜価格)

(C)初期セットアップ費用

お客様ご自身がセルフで導入しない場合はセットアップ費用が必要です。PDF

システム構成図

  

配車表を作成・表示するにはクライアント接続端末としてWindowsのPC(以下接続端末と略す)が必要です。 配車係のデスクに1台あれば済む場合は接続端末台数は1台です。配車係のデスクのほかに営業が予約注文を受け付ける、また請求書の明細作成に使用する、さらに経営サイドから採算性をみるのに必要なら3台必要となります。接続端末台数により導入するシステムのタイプが異なります。1台はDタイプ(スタンドアロン)、複数台はSタイプ(クライアント・サーバ)に分かれます。PDF

セットアップ費用・月額使用料金・ご請求とお支払い

初期セットアップ費用

Dタイプ・Sタイプ別に初期セットアップ費用が必要です。Sタイプでは、別にサーバPCの費用も必要です。(PDF または

初期セットアップ費用(表示価格は税込)
タイプD(スタンドアロン)タイプS(サーバ)タイプ
インストールメディア代(A-1)基本料金(初期費用)スタンドアロン(A-2)基本料金(初期費用)クライアント・サーバ
インストール作業費用+操作指導料1日分¥151,200
(お客様がマニュアルをみてセルフでインストールして操作する場合は\0)
追加の操作指導料1日あたり¥43,200

月額使用許諾使用料金

月額使用許諾使用料金として接続端末台数により ¥10,800 x 接続端末台数 を毎月請求します。月額使用許諾使用料金には、Webサーバ使用料と電話・メール保守サポート料を含みます。なお、出張保守サポートの場合は有償となります。

ご請求とお支払い・使用契約期間更新について

導入月に初期セットアップ費用と運用開始月(導入翌月)分と運用開始翌月分の月間使用許諾使用料金の請求します。運用開始月末(金融機関が休業日の場合は翌営業日)までにお支払いいただきます。運用開始翌々月分の月間使用許諾使用料金は、運用開始月に請求します。運用開始翌月までにお支払いいただきます。以降、運用月の請求は、運用月の前々月に請求して、前月末までにお支払いいただきます。使用契約期間は毎月末のご入金を確認して翌月末まで使用契約期間を更新します。以後、毎月使用契約が停止・解除するまで繰り返します。「請求書発行」または「自動引落」の何れかの方式を選択できます。 PDF

デモ・機能評価・使用契約申込・カタログ

説明・デモのお申し込み

「Logistica運送業サポーターズ」の説明・デモをご希望の方は 048-763-8165 はるかシステム研究所までお電話ください。日程を調整して、可能な限りお伺いします。メールでもお受けできますメールから説明・デモのお申し込み

1カ月間無料でお試し

「Logistica運送業サポーターズ」は、事前に評価試用(トライアル)版で導入効果を確認できます。評価試用(トライアル)版の試用は無料です。ご用意いただくのは、WindowsのPCのみです。オフィスをインストールするような簡単な操作ですぐ試用できます。試用期間は1カ月間です。申込用紙(PDF)にご記入の上FAX・メールで送信してください。PDF

使用契約申込

使用契約申込書(PDFビューア またはPDF)に会社名・取扱責任者名・輸送品目・輸送地域・車両台数・接続端末台数ほかをご記入の上送付ください。 使用契約申込に際し、Logistica運送業サポーターズ配車使用許諾契約書(PDF またはPDFビューア)の記載事項をご確認の上、ご同意いただく必要があります。導入前の評価のために評価試用版申込書もあります。PDF

製品カタログ

Logistica運送業サポーターズの詳しい機能・画面サンプル等についてはカタログ(PDF)をご覧ください。PDF

試用版CD Web申込

株式会社はるかシステム研究所

〒344-0041 埼玉県春日部市増富437-7
電話 048-763-8165
FAX 048-763-1828
メール  info@harukasystem.co.jp